矛盾

はいさい!(こばんみ)

昨日は暑かったのに今日は肌寒い・・・。
こんな時期が体調崩れやすいですよね。
軟弱者なので気をつけなければ。
みなさんも季節や環境の変化に気をつけて元気に夏を迎えましょう~。

女垢ぬぬぬはなんとか4キャラ目までは終了。
明後日が休みだし、ネカフェマル得来て欲しかったけど来週っぽいなあ・・。
くじは結果を見るまでが楽しい、ですね。




今日は土曜日のお話を。

毎週土曜はETの日でもありますが、
久しぶりに行きたいな~と思っていた魔神殿に行くことができました。
最初に挑戦した1年前とは、普段一緒に遊ぶ友達も結構変わってしまったけど、
この日は主に去年を体験しているメンバでお試しに。

ETもそうなんだけど、縁とはどこにでも転がっているもので、
最強の矛と、最強の盾さんがメンバにおるのです。
ゆる~く遊んできた私ですから、3.4年前の自分でもこんな友達が出来るとは思ってなかったですね。
廃人とひとくくりにしてしまって毛嫌いしちゃっただろうから・・・・・w

戦法はアロスト連を最大限に活かす、短時間特攻型。
うん、この話題はどこかでみなさんも聞かれているだろうと思います。
滅多なことでは落ちない壁と、アロストを活かすための支援、
相手によってはカンストを叩き出す火力。

ETはもともとガチ組で攻略した結果を伝授される形で参加したように思いますが、
魔神殿は、1年前は私が壁の一人として、転びつつ壊滅しつつ、
試行錯誤でクリアしたときはやっぱり嬉しかったですね。

今回は壁1、連2、皿、民、アクビの5人PT(2PCさんが1)での挑戦。
いろいろ忘れている上に、メインの准支援アクビではなく、元殴りのレベも若めの子でアクビ1・・。
ほんとに大丈夫かなあと不安になりつつの参加でしたが、
基本後衛はダメージをほぼ受けず、ほんとに終わったのかと思うほど
短時間であっさりと攻略出来てしまいました。

いつも気分はどことなく複雑ではあっても。
強くなるために、情報収集や装備、戦闘の試行錯誤。
目指してきたものを時間を掛けて資金を掛けて実現させ、
より強くなるためにETも魔神殿もひとつ、目標への通過点。
彼らの情熱を知っているからこそ、友達になれたし、応援もしている。
あ、出来ることとかないから気持ちだけだけどね!
俺の厭う上から目線ではなくて、話せば普通に楽しく優しい子達だ。
目標が明確だからこそ、導き出された最適解。

そしてそう、確かに完成された狩りに、
新たにプラスとして加わって楽しむことができるのかというと、難しいんだよな。
俺にしても、魔神殿はともかく、
当たり前のように毎週登頂しているETは彼らの力が大きい。
下手をすると、LAというスキルに普通のダメだと邪魔になりかねない。

私がギルマス時代に考えさせされたプレイスタイルの違いによる壁がそこにはある。

でもまあ、大げさに捉えずとも単なる個性の一つではあるんですよね。
あ、今回の話の主旨は、アロスト死ね!ではなくて、
タイトルである矛盾と、ROの楽しみ方みたいなもんです。
あしからず。

私自身、PSも、それを磨く根性も持ちあわせていないので、
気の向くままに、あれに挑戦したい!なら、どうするといいのかね~と
ふらふらしている人間でして。
バコナワ、魚ソロでいいじゃない。
だが、RGで行ってきたと聴いたら、やっぱり行ってみたくなるじゃろ?
GHMDなんて修羅でいいじゃないといっても、民湾だけで行ってみたくなるじゃろ?
まあ、バコはどうしても出来ずにアクビに見捨てられましたがねっ><!
民湾は第二回を開催したいので、持っている子はお楽しみにっ!(これも見捨てられそうz)
ROで飯が食えるわけでなし!楽しんでなんぼ!が本来の俺のスタイルです。
ソロに強いこだわりもあんまりないので、向上心も弱そうです。

でも、効率指向のPTに参加するのも勉強になるし、
何より好きな友達と遊ぶ分にはどこでもええでね。
自分の楽しみ方とは違うけど、
だからこそ、自分じゃ分からない楽しみ方を知るきっかけにもなります。
頑固ジジイなのでこの矛盾は今でも胸にありますが、矛盾が悪いと誰が決めた@@!
と、たまごメンバはこんなマスタのわがままに振り回されていたと思いますz

今回の魔神殿も、魚は道中強いだろうし、
珍も今はソウルブレイカー?ごめんなさい仕様ようわからないのですが、
強い遠距離もあるし、違う子と行くならまたどう楽しめるかなと模索中だったりします。
ストーンスキンや反射はディスではがせるようですし、アドラもまた強いでしょうしね。
あ、間違ってるかもしれないけど、実地で試せばいいよね、うんb

自分はこういうのが好き!って気持ちを一番に大事にしつつ、
ひとが楽しんでいることに耳を傾けるのも楽しさに繋がるね。

あ、なんかずれかけている・・。
ただやっぱり、経験値や精錬祭のポイントだったり、明確な目的があるとき以外は、
みんなが戦力として楽しめるPTが好きだなと思います。
オーラからが冒険だって子もいるし、
そんな何人もオーラにするだけの時間を掛けて遊んでるわけじゃない子もいる。
そのときそのとき、みんなが主役になれるように遊びたいね。
寄生レベリングに飽きてフェイドアウトするのはもったいないぬ!

友達を話題に出すのは難しい部分もあるけど、
身近だからこそ感じていたこともあって、喋ってみました。


魔神殿4

うっかり戻っちゃった子は卒業写真風で!b

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する